オール電化とは?

これまでガスを熱源としていた設備を電気の設備に替えることです。
例えば、ガスコンロはIHクッキングヒーターに、ガス給湯器はエコキュートに、という感じです。
考えるほど難しいことではなくて、火を使わないから何かと安心です。
特に、お年寄りやお子さんがおられるご家庭には、熱源を全て電気にする【オール電化】は最適ですね。
オール電化にはどのような製品がありますか?

IHクッキングヒーター ガスに負けない火力&安全性の高い調理器です。
 
ビルトイン食器洗い乾燥機 今お使いのキッチンに、そのまま食器洗い乾燥機をビルトインします。
 
バス乾燥・暖房・換気システム 1台で5役、冬のヒンヤリ感をなくします。
 
電気温水器/エコキュート お得な深夜電力を利用するので、とても経済的です。
 
温水床暖房システム ソフトな輻射熱で足下から暖まります。
 
太陽光発電システム 貴方の家の屋根が発電所になり、電気をつくります。
停電した時は、どうなるのですか?

最近の統計では、年間の停電時間は平均で約3分程度と、かなり短くなっており、計画的な工事の停電でない限り心配はないようです。
また、阪神淡路大震災の時でも、ライフラインの中で電気がもっとも早く復旧しており、オール電化住宅は災害にも強い住宅といえます。さらに、電気温水器/エコキュートは、タンクにお湯を貯めていますので、万一のときの生活用水として安心感も得られます。
なお、停電が原因で機器が故障することはありません。
工事は必要ですか?

電気温水器/エコキュートやIHクッキングヒーターなど200Vの機器を使うには、「単相3線式」の配線が必要ですが、実はこの単相3線式、ほとんどのご家庭の分電盤まで来ています。
この場合、簡単な屋内配線工事で200V機器が利用できるようになります。
長期間留守にする時はどうするのですか?

電気温水器/エコキュートには、数日のご旅行などに便利な「運転停止」機能があります。
停止日数を設定しておけば、お留守の間は沸き上げをせず、ご帰宅の前夜から再び沸かし始めて、ご帰宅の日からお湯がつかえます。
さらに長期のお留守の場合は、タンクの水抜きなどが必要になります。
電気代が高くなりませんか?

オール電化にすると、まず、基本料金が電気代のみになり、ガスの基本料金が節約できます。
IHクッキングヒーターは熱効率が良いため、ガスコンロとほぼ変わらない光熱費で調理ができます。
さらに給湯は、深夜電力や時間帯別電灯の割安な夜間電力料金でお湯を沸かしますので、大きく光熱費を節約できます。
また、空気熱を吸収してお湯を沸かす「ヒートポンプ式電気給湯機」(エコキュート)は、さらに約3分の1の光熱費で家中で使うお湯を沸かせ、大変経済的です。