太陽光発電は  地球温暖化は今後も進み、その原因は二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスであるとされています。
 太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、排気ガスも排出しません。とても環境にやさしいクリーンなエネルギーなのです。
   
発電の仕組み
 太陽電池のN型半導体とP型半導体の間には、(+)と(−)の電位差が生じています。
 しかし、光が当たっていない状態では、そこに導線をつないでも、電気は流れ出すことはありません。
 太陽電池に光が当たると、P型半導体の(−)電子がN型半導体(+)のホールに移動し、不安定な状態になったN型半導体の自由電子(−)が導線を伝ってP型半導体に向かって移動することにより、電流が流れることになるのです。
   
太陽
エネルギー
「クリーンで無尽蔵に降りそそぐ太陽エネルギー」
 地球に到達する太陽エネルギーは、大気圏外で1u当たり1.38kW、地表では、1u当たり1kW程度になります。
 又、地球全体が太陽から受けるエネルギーは、地表や海面で熱に変わり、ごく一部が風や波、海流などを起こすエネルギー源となります。更に化石燃料も太陽エネルギーが地中に蓄積されたものです。
 地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるなら世界の年間消費エネルギーを僅か1時間で賄うことが出来るのです。
   
今なぜ、
太陽光発電か
「太陽光発電への期待」
@クリーンエネルギー
A永続的な太陽エネルギー
B膨大な太陽エネルギー
C長寿命な太陽電池
D太陽光の当たる所ならどこでも設置できる
Eメンテナンスがほとんど不要
F人の手を必要としない運転